冬の見所は一面の雲海!寒霞渓はインスタ映えするスポット

条件が良ければ一面の雲海が出現

寒霞渓では、自然現象である雲海を見る事が出来ます。
雲海とは冷えた空気により発生した霧が山の上の部分に出てくる現象の事です。
もし恋人と寒霞渓に行くならば、雲海の景色はとても綺麗で、太陽によって辺り一面に光が見える様子はロマンチックです。
もし家族で寒霞渓に行くならば、きっと子供が喜びます。
時間は夜明け前または早朝の時間帯です。
しかし、この時間帯に寒霞渓に来ても雲海が見れない事もありますので、香川県にある寒霞渓の雲海は見る価値があります。

幻想的な景色を写真に収めてみて!

寒霞渓は日本屈指の幻想的な景色を見る事が出来るスポットです。
具体的に言うと、朝早くから見られる寒霞渓からの眺めが素晴らしい事です。
朝日が照らして、景色全体が明るく見えます。
朝日で照らされている景色は視界が青く、圧倒されます。
夕日で照らされている景色もとても綺麗です。
この時に写真を撮ると、雲の輪郭もはっきり見えてとても鮮やかになります。
また、雲海によって出来た霧は寒霞渓を包みます。
この時、寒霞渓の頂点が小さな島の様に見えるので、空中に浮かぶ孤島の様に見えます。
貴重な自然現象なので、写真に収めて見ると素晴らしく見えます。

とても寒い日には樹氷も見られるかも!

とても寒い時期になると雲海以外にも寒霞渓の周辺で樹氷と言う特別な現象が起こります。
樹氷は白や透き通るような透明な色をしており、見た目がまるでダイヤモンドのように見えて美しいです。
鮮明に景色がはっきり見えるのでインスタ映えします。
樹氷が発生する時期には、雪だけでなく霜や氷も地面の至る所に出来るので、光が反射しやすいです。
また、光の屈折により輝き方も違ってくるので、定期的に寒い時期に寒霞渓に行くと、美しい景色のバリエーションを楽しむ事が出来ます。
樹氷が出来る時木々に花が咲いてキラキラしています。
樹氷が発生している時、非常に気温が低くなっているので、防寒具を着用して行く事を薦めます。
樹氷は都市部では見る事が出来ない現象なので、香川県寒霞渓で見る事が出来る樹氷は貴重です。
このように寒霞渓は季節を通して色々な側面を見る事が出来るので、寒霞渓を好きな人が多く、今でも多くの老若男女を魅了しています。
今でも寒霞渓を好きと思っている人が多い理由は、多様にしてレジャーならではの様々な楽しみ方を与えてくれるからです。
写真などで寒霞渓を知るのも良いですが、やはり寒霞渓の生の風景に触れてみた方が新たな発見も出来るので、これから寒霞渓に行く事を考えている人は一度検討してみると良いです。

 

その他の小豆島の観光情報はこちらから

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です