寒霞渓の見頃はいつ?標高612mの紅葉を楽しんで!

紅葉のピークは?行くならいつがいい?

寒霞渓は季節が秋になると、木に紅葉がつくようになります。
紅葉が咲いている寒霞渓の景色は、見ていて思わず神秘的な気分になってきます。
紅葉の見頃は11月上旬から11月下旬にかけてです。
なので、もし寒霞渓で紅葉を楽しみたいという人はこの時期をねらって行ってみると良いです。
紅葉は11月上旬になって色めいてきます。
そして、段々と色に深さが増していき、鮮やかな色彩になります。
紅葉が鮮やかな色彩になる時期は11月中旬です。
観光客やファミリーで賑わいます。
なので紅葉の季節には寒霞渓全体が混雑しているのが予想出来ます。
もし混雑している場所は控えたいと考えている人は朝早くに行ってみるのも手段です。
ちなみに紅葉の時期の寒霞渓は休日だけでなく平日も観光客で混雑しているようです。

標高は612m!服装はどういうものがいい?

寒霞渓の標高は612mもあるので、少し高めの渓谷だと言えます。
紅葉の時期、寒霞渓に行く時の服装の事についてですが、用心して暖かい服装をするのがベターです。
何故なら寒霞渓の周辺は気温が低くなり、寒い風が吹いてくるからです。
なのでコートやジャンパー、ジャケットなどを体に羽織ると良いです。
さらに用心を重ねてTシャツも2枚以上着ると安心です。
ズボンはデニムの生地でなく、寒さを跳ね返す服を着用する事をお勧めします。
着用する靴は運動靴を選択するのが良いです。
何故なら寒霞渓の山頂は石で出来た地面があるからです。
転倒して怪我すると大変なので、運動靴は自分の足のサイズにピッタリとフィットする物を着用すると良いです。

渓谷に沿った美しい紅葉!ここだけの景色を楽しんで

渓谷に沿った紅葉は一面に咲き乱れています。
渓谷に咲いている紅葉は赤や黄、緑、茶などの色があります。
全体的にカラフルな景色なので見ていると思わず圧倒されてしまいます。
何故こんな色とりどりに咲いているのかというと、渓谷に咲く紅葉の種類が色々あるからなのです。
その紅葉の種類はニシキギ、ツタ、シデです。
またロープウェイからも全面に咲いた紅葉を見る事が出来ます。
ちなみに寒霞渓では紅葉の時期になると、毎年寒霞渓もみじ茶会をやっています。
名前の通り紅葉が咲いた景色で行われる茶会で和菓子やお茶を堪能する事が出来ます。
茶会が開かれている時、赤と白の幕で山頂を囲むので、日本の和の雰囲気を味わう事が出来ます。
茶会には子供からお年寄りまで、様々な年齢の人が参加しているので、気楽に楽しみながら紅葉の思い出を作る事が出来ます。
ここだけの景色を楽しみながら、色々な人との交流を楽しめます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です